英語で人生を楽しむためのアイデアをシェアします

menu

英語学習で新しい人生をスタートしよう〜英語好きを生かして新しい自分を作る〜

こんばんは。Melonです。
今日は9月25日に行われた 第213回 TOEIC Listening&Reading TEST で私が撃沈したお話しをしようと思います。
TOEICを受けるのは2年ぶりで、久々の試験でした。そして今年5月から出題方法が大幅に変わってから初めての受験
でした。
そして結果は・・・・
前回 845点 → 今回 805点 でした。 がーーーーーん  orz・・・ショック。マイナス40点ですよ。涙

一応 公式HPでは、このように書いてありますが・・・

第210回公開テスト(2016年5月29日実施)よりTOEIC Listening & Reading Testの出題形式を一部変更いたしました。
新形式のテストにおいても難易度は変わりません。

「難易度は変わりません」 ウソだ!! 嘘だ!! ぜったいに難しくなっていますよ。ね、そうでしょう?(って誰に聞いているのか??)
で、どこが難しくなったかというと以下の点が挙げられます。

リスニングセクションの変更点

リスニングセクションの試験時間は「45分間」で時間は変わりませんが、難易度が上がりました。
具体的には 写真描写問題(Part 1)と応答問題(Part 2)の設問数が減り、会話問題(Part 3)の設問数が増えました。

これまで、ちゃんと聴き取れたらできるはずの問題 (写真描写問題(Part 1)と応答問題(Part 2))が減ったので
点を取りこぼさないようにできたところが単純計算で取得できる問題数が減ったのです。
また、Part 1 2 に引っ掛けの選択肢も混ぜているので注意が必要です。

Part 1 写真描写問題 とは?
1枚の写真について説明文が4つ 放送されます(1回のみ。もちろん印刷されていないです)
4つの文のうち、写真の説明に最も適した文章を1つ選んでマークシートを塗ります。
全部で10問→6問へ減りました。 音の似た単語を出してきたり、写真から推測されることを
尋ねたり、ちょっとした引っ掛けの表現などが盛り込まれ少し難しくなったことも無視できません。
また 音声は1回しか流れないので、集中して聴くことが最も重要です。迷ってもすぐ回答しなければ
すぐ次の問題に進んでしまいます。

対策としては、やはり「公式問題集」で集中的に練習を積んでおくことです。
出題傾向をつかむことが、Part 1 攻略の正攻法です。
もちろん色々な日常の場面(オフィスや家庭、お店などのシーン)で使う単語や言い回しを
知っておくことも大切です。

Part 2 応答問題 とは?
1つの質問(または文章)とそれに対する答えが3つ放送されます。(1度のみ。印刷はされていない)
設問に対して最も適切な答えを選び解答欄にマークします。
30問→25問へ減りました。
ここもしっかりリスニング練習をしていれば、確実に点が取れるところだったので、減ってしまって残念です。

例 設問 Where is the new fax machine?
A: Next to the water fountain.    B:  I will send a fax tomorrow.   C: By Wednesday.
 ※答えは Aです
対策としては設問の文頭を聞き逃さないことです。

疑問文【WH】で始まる形 疑問文【Is、Do等】で始まる形 などが多いのですが
何を聞かれているのか? が分からないと答えの選びようがありません。絶対に設問の文頭を
聞き逃さないことが大切です。

Part 3 会話問題 とは?
2人~3人の人が会話をしています。
発言が短くやり取りの多いものが加わり、Elisions(省略形: going toが gonnaなど)、
Fragments(文の一部分のみの言葉: Yes, in a minute; Down the hall; Could you?など)で構成された会話が流れます。
※つまり、会話文全体の流れが分かっていて、なおかつ 省略された文で回答しているのを聴きとるのです

また会話の中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などを見て、その情報を関連づけて解答する設問が加わりました。
会話の中で話者がほのめかしている意図を問う問題も加わりました。
そして設問の数も 30問→39問に増えました。

対策としては 問題を先読みしておくことです。
設問に入る前に30秒の説明がありますので、その説明の間に 1問目の設問と選択肢をさっと読んでおくことが重要です。
設問と選択肢を見て「どんな会話になりそうか?」予想をたてておき、そこを集中して聴きとれるかどうかが大切です。

Part 4 説明文問題 とは?
1人の話者が1分くらい話をします。それについて詳細を問う問題が3問出ます(それぞれ4択の選択肢から回答をマークします)
問題数は以前と同じ30問のままですが、これまでなかった 「図を見て、説明文を聴き取り、正しい回答を選ぶ」という形式になった点で
難易度が上がったと思います。

長くなりましたので、続きリーディングセクションの変更点)は次回にしますね。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。
少しでもお役にたてたら嬉しいです。

 

ブログランキングに参加中です。あなたの好きなデザインのボタンをクリックして下さい。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキングを見る

ブログランキング参加中です。
よろしければぽちっとお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村