英語で人生を楽しむためのアイデアをシェアします

menu

英語学習で新しい人生をスタートしよう〜英語好きを生かして新しい自分を作る〜

Mainichi Eikaiwa の体験レッスンのお話 第二弾!


こんばんは。Melon です。
昨日に引き続き、オンライン英会話Mainichi Eikaiwa の体験レッスンの話をしますね。

これまでの概略
Mainichi Eikaiwaのレッスン内容は それぞれの生徒さんに合わせて完全オリジナル
カスタマイズされたものを提供してくれるのが魅力です!

1 目的に合わせて
2 レベルに合わせて
3 伸ばしたいスキルに合わせて
4 興味のある分野の話題で
個別にレッスン内容を組み立ててくれる! それが Mainichi Eikaiwa なのです。

では、実際のマテリアル(教材)を使ったレッスンに入ったところから
今日のお話を始めます。 (※まだ前の記事を読んでいない方はこちら

どんな生徒さんの興味にもぴったり合うような教材を探してこられるのも、日ごろから講師の先生がどこでどんな教材が提供されているのか、常に勉強しているからです。

先生が私のレッスン教材として選んだ記事は以下に載せます(教材用にレベル別の記事がアップされているサイトのようです。
教材用のサイトがどんなものか 興味のある方は こちら )

今回先生が教材に選んだ記事全文

Hawaii is proposing a ban on the tourist activity of swimming with dolphins off the Hawaiian coast. The dolphins have been a magnet for tourists over the past decades. However, officials say the tourism is harmful to the dolphins because they are supposed to be resting and socializing. The National Marine Fisheries Service proposes to prohibit swimming with, or approaching within 50 metres of, Hawaii’s spinner dolphins. That would end many tour group activities, such as sailing alongside the dolphins in a boat and snorkeling with them.

Ann Garrett, from the National Marine Fisheries Service, said she didn’t think the ban would have a big impact on Hawaii’s tourist trade. She said: “We think that by identifying 50 metres as the minimum distance, there still can be a viable tourist industry.” Tour operators disagreed. Tour company owner Kevin Merrill warned: “It would be the end of legitimate dolphin swimming. We couldn’t offer the people the quality interaction that they expect.” Dolphins are most active at night and sleep and relax during the day. Garrett said the interaction affects the dolphins’ health and fitness.

まずは 記事を読んでみるように言われました

私が記事を読むと、「とても良くできました」と褒められました。(うふふ。嬉しい)
(リーディングのスキルチェックです)
※ちなみにこの教材、同じ内容で1つ下のレベル・1つ上のレベルの記事を読むことができるようになっています。
親切! このサイト使える!

次は 語句の理解度チェックです。 

わからない単語を聞かれ、答えるともっと簡単な単語に言い換えたり、
例を挙げて意味をとらえやすいように教えてくれました。

次に聞かれたのは  ban   magnet  decades  prohibit
の文中での意味です。 正直ちょっと焦りましたが、たどたどしい英語でも
なんとか説明してみると、どうにか伝えることができたようです。

こういう時、やっぱり 「知ってるはずなのに同じ意味の他の単語が浮かんでこない」という
よくあるパターンで自分にガッカリ。 もっとパッパッ と英単語が浮かんできたら
いいのにな・・・ いやいや。別にできなくてもOK。
不足している単語力は承知の上でコミュニケーションをとろうとする その経験が大事です。

記事を読んで賛成・反対かを尋ねられました。
Q1 ハワイ州が「ハワイ沿岸でイルカと一緒に泳ぐ」というアクティビティの禁止を提案しました
それについて 賛成?反対? その理由は?
Q2 国際海洋漁業サービスがマダライルカと一緒に泳ぐ、または50メートル以内に近づくことを禁止する提案をしました。
50メートル以内 という距離についてあなたはどう思いますか? その理由は?
Q3 イルカがもっとも活動的なのは夜間で、昼間は眠ったりくつろいでいます。
観光業の活動が与える相互作用がイルカの体調や健康に影響を及ぼすと思いますか? その理由は?

最後に、自分の苦手な発音のフィードバックやもっと伝わりやすい英文の添削を受けました。

以上のような内容でした。

日本では、自分の意見を賛成・反対とはっきり述べるようなチャンスはあまりないかもしれませんが、
英語を学ぶ上では避けて通れないことですよね。 自分の意見が言えないと なかなか外国人の
お友達を作ったり、留学したり、仕事で英語を使ったりということは難しいのかもしれません。
だって「あなたはどう思う?」と聞かれること、かなりあると思うので・・・

今回 Mainichi Eikaiwa の体験レッスンを受けてみて すごく良い訓練になりました。
内容も 私のレベル・興味に合わせた教材を選んでもらえたのでとっても満足でした!
先生と気が合ったので、最初ちょっと緊張したけれど、とっても楽しくできました。

しかも、もともと初級用・中級用 などの専用に用意された教材でなく、世界中の英語学習者向けのいろいろなサイトから教材を選んでくれるなんて、 最新の話題から教材を選べるし、生徒さん本人の一番伸ばしたいスキルに焦点をあてたレッスンが受けられると思うので、すごくいいと思います。

Mainichi Eikaiwa なら いろいろな生徒さんに合わせたレッスンをその場で提供できる 経験豊富で対応力抜群の先生がそろっています。 あなたもぜひ気になったら 体験レッスンにトライしてみてください。

ネイティブの講師にこだわった オンライン英会話 Mainichi Eikaiwa は こちらから

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。あなたの好きなデザインのボタンをクリックして下さい。応援よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングを見る

ブログランキング参加中です。
よろしければぽちっとお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村