Japan looks to totally ban smoking at public facilities ahead of Olympics
オリンピック目前に 公共施設での喫煙を全面禁止へ

こんばんは。 Melonです。 今日はオリンピックに向けての公共施設の禁煙についての記事を読んでみましょう。
東京オリンピック・パラリンピックまであと少し。 日本はいろいろな面で 整備を進めています。
外国人の方だけでなく 日本人にも 使いやすい設備や交通機関に生まれ変わるといいなと思います。

The Japan News 10月14日付 より

TOKYO (Jiji Press) — The health ministry has proposed a total ban on smoking at public facilities including central and local government office buildings,
hospitals and other medical institutions, and schools to help prevent passive smoking in the run-up to the 2020 Tokyo Olympics and Paralympics.

厚生省は 2020年のオリンピック・パラリンピック開催の準備期間に、受動喫煙を防ぐため、中央および地方の省庁・病院・その他医療機関・学校内を含む

Restaurants and some other facilities will be obliged to at least separate smoking and nonsmoking areas.
レストランやその他の施設は 少なくとも 喫煙・禁煙エリアを分けることを余儀なくされる見込みだ。

The proposal also includes penalties against violators.

The Health, Labor and Welfare Ministry aims to submit a related bill to the Diet at an early date,
after hearing opinions from organizations concerned and others.
厚生労働省は 関連する団体やその他の団体からの意見を聴取後、関連法案を早い段階で国会へ提示した

According to the proposal, which was unveiled on Wednesday, smoking would be prohibited in public buildings used by a number of people,
including those of central and local government agencies, schools, and social welfare and sports facilities.

In particular, smoking should be banned at all premises of medical institutions, and elementary, junior high and high schools,
to prevent damage to the health of patients and minors.
特に 医療施設・小学校・中学校・高校では 患者と未成年者の健康を害することを防ぐために全ての建物内で喫煙が禁止される


For restaurants and hotel lobbies, operators would be required to fully ban smoking or separate smoking and nonsmoking areas.
Smoking would be totally prohibited on buses and taxis, while a total ban or the separation of smoking and nonsmoking areas
should be applied to trains and ships.
レストランとホテルのロビーでは、管理者は 全面禁止または分煙が求められる。

Guest rooms of hotels would not be subject to the new passive smoking prevention rules.
ホテルの客室内では 新たな 受動喫煙防止法の対象となる

Users of public facilities would be obliged not to smoke at banned places.
Facility operators would have to indicate areas, if any, where smoking is allowed.
Violators would receive recommendations or orders from authorities,
and those who refuse to comply would be fined or face other penalties.
公共施設の利用者は 禁止された場所での喫煙をしない義務が課せられる。
施設管理者は もしあれば 喫煙が許される場所を明示しなければならない。


The International Olympic Committee and the World Health Organization have agreed to promote tobacco-free Olympic and Paralympic Games.
国際オリンピック委員会とWHO(世界保健機構)は タバコ無しのオリンピック・パラリンピックを促進することに合意した


All host countries of recent Olympics and Paralympics put into place smoking restrictions with penalties,
but Japan’s measures against secondhand smoke are less stringent.

オリンピック・パラリンピックの最近の開催国は 罰則付きの喫煙制限を設けているが、
日本の間接喫煙(受動喫煙)への規則は あまり厳重ではない

“The ideal way is to ban smoking at all areas inside buildings, a measure taken by Britain,
but we believe that it is realistic to allow smoking areas to be set up at some facilities,
as in South Korea,” a health ministry official said

結構 使える表現も多いと思いますので、ぜひチェックしてください。


The health ministry  厚生省
(The Health, Labor and Welfare Ministry=厚生労働省)

proposed (議案・法案などを)提案する 提言する

the run-up to  ~へ向けての準備期間

medical institutions 医療機関

be obliged to  やむを得ず~する、~する義務を負う

violators 違反者(法や規則を破る人)

the Diet  国会(政治関連の記事で頻出する単語)

related bill 関連法案

~ concerned and others  関連する~(名詞)やその他の~(同じ名詞)

unveiled 明らかにされる

premises 複数形で(土地・付属物付きの)「建物」「構内」という意味になる

minor (法律用語)未成年の人

be applied to   ~が適用される

be subject to 左右される 対象になる
※例 be subject to taxation 課税の対象になる → これ、役に立ちますよ!

passive smoking

if any   もしあれば 
※ここでは if there is any area where smoking is allowed. が省略されています 

recommendations or orders 勧告 または命令(指示)

be fined 罰金を科せられる

put into place (法・規則などを)設ける

tabaco-free  「-free」を接尾語につけた場合には 不快な物・危険な物に悩まされないで、~無しで という意味になる→ これ、役に立ちますよ!

put into place (法・規則などを)設ける

secondhand smoke 間接喫煙 

less stringent あまり厳重でない




にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ

にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ