英語で人生を楽しむためのアイデアをシェアします

menu

英語学習で新しい人生をスタートしよう〜英語好きを生かして新しい自分を作る〜

形容詞の順番って??

形容詞の順番は決まっているの?


こんばんは。Melonです。
今日は形容詞の付け方(順番)についてお話したいと思います。

日本語では形容詞をつける順番は自由ですが、
英語の場合、複数の形容詞を1つの文に同時に使う場合には
それぞれの形容詞の機能によってつける順番が決まります。

一般的な順番は以下の通りです。

① 限定・序数・数量
例:限定 every, all, both, such, a few, several, this, those, your(などの所有格すべて)
序数  first,second, 10th など
数 two, ten, a few など

② 主観

例: good, nice, bad, delicious, beautiful など

③ サイズ

例: big, small, huge, tiny, tall など

④ 温度 

例:hot, cold  など

⑤ 年齢

例:old, young, new, 5-year-old など

⑥ 形状

例: round, square, thin, sharp など

⑦ 色

例:red, blue, green, pink など

⑧ 起源

例:American, Chinese, Japanese, Swedish など

⑨ 素材

例:wooden, grass, silver など

この後ろに 修飾されるべき名詞が続きます。

では次に使い方を見ていきましょう

形容詞 + 名詞 の形
This is my first cute small daughter.  これは私の初めてのかわいい小さな娘です。
「限定」・「序数」・「主観」・「サイズ」 +名詞 の順で形容詞がついています

This is a beautiful big new green wooden house. これは、美しい、大きい、新しい、緑色、の家です。
「限定」・「主観」・「サイズ」・「年齢」・「色」・「素材」 +名詞 の順で形容詞がついています


数 + 単位 + 名詞 の形
この表現は 「5歳の男の子」 とか 「20時間のフライト」という時に使います。
数に単位をプラスすることで、「形容詞」を作って「名詞」を修飾することができます。
では、実際に使ってみましょう。

My bother has a 5-year-old son.  私の兄には5歳の息子がいる

5歳 なので単位 「year old」 を使いますが、単位 year には複数形のsを付けません
※ ここで注意が必要なのは「単位」を表現する場合には
数字」と「単位」の間にハイフンを付ける必要があるということです。
上記の例では 5 という数と単位の間に「ハイフン」を付けることによって
後ろの名詞を修飾する「形容詞」を作っている ということになります。

他にも「数字」+「単位」でハイフン付き の例を挙げると

15-minute walk   徒歩5分
3-hour exam   3時間の試験
7-day program  7日間のプログラム
20-hour fright   20時間のフライト

などがあります。

 

逆に 形容詞 + 名詞の形で表現する場合 (ふつうに「単位」を使わずに年齢を表現する場合)には
ハイフンなし・複数形のSあり になるので

My brother’s son is 5 years old. ( 私の兄の息子は 5歳である)

という形になります。

整理してみると

My brother’s son is 5 years old.   → ○   数で表現(ハイフンなし、複数形Sあり)
My brother’s son is 5-year-old.    → × 単位で表現する場合には後ろに名詞をつけることが必要なので×

He has a 5 years old son.  → ×  5 years old は SVCの第三文型でC(補語)としてしか使えないので名詞 son を付けることができない
(He is 5 years old.ならOKです)
He has a 5-year-old son.     →  数字と単位の間にハイフンがあるので「形容詞」として完成し、後ろに名詞がきている。

形容詞を名詞につけるとき、順番があるなんて、びっくりですね。
特にこんなにたくさんあると覚えきれなくて・・・という心配をする方もいらっしゃるかもしれませんが、
そんなに心配する必要もありません。

なぜなら「英語を話す人の中でネイティブスピーカーは全体の2割」なので、
神経質になることはありません。  ※この考察について詳しくは以前の記事で書いています。 こちらから
一応、豆知識として紹介したと考えてくださいね。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。あなたの好きなデザインのボタンをクリックして下さい。応援よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

関連記事

  1. 初めまして。

    文法はなんか苦手で避けてしまいます。

    とても参考になりました。

    また訪問させていただきます。

    応援完了です。

    • worldstar57
    • 2016年 9月 13日

    ひまわりさま

    こんにちは。
    コメントありがとうございます!
    参考になったと言って頂けて、
    とっても嬉しいです。

    これかもお役に立てるような記事を
    書いていくように頑張ります。

    応援ありがとうございます。
    ブログ更新の励みになります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングを見る

ブログランキング参加中です。
よろしければぽちっとお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村