英語で人生を楽しむためのアイデアをシェアします

menu

英語学習で新しい人生をスタートしよう〜英語好きを生かして新しい自分を作る〜

おススメの文法書 Forest

文法書と言えば・・・


こんばんは。Melonです。
今日はおススメの文法書についてお話しします。

文法なんて、学生さんがテストや受験のために勉強するものでしょう?
文法なんて今更 やらないでしょう? だって英会話には必要ないし・・・

なんて思っていませんか?
でも、でも やっぱり 正しい語順で文章を作ったり、長文を読もうとするならば、
文法を学ぶ必要はあるのです。文法をおろそかにすると、基本となる土台がきちんと
無いため、正しい文章が作れない(読めない・書けない・話せない)のです。

結局、英語と日本語は別々の言語ですから、語順や文章を作る際のルールが全く違います。
そのため、うろ覚えや誤った文法で文章を作る(または話そうとする)ことをしても、
結局通じる英語にはなりません。

そこでオススメするのが、この本です。

題名: Forest  7th edition
出版社:桐原書店
ページ数:665ページ
ISBN-10: 4342010453
ISBN-13: 978-4342010453
発売日: 2013/12

この本の特徴は、文法の基礎から発展まで、系統立てて説明してくれるところです。
読者は幅広く、高校生から英語やり直しの社会人、TOEIC受験者など様々です。
これだけ多くの人に愛され、読まれている文法書は無いでしょう。

特徴を詳しく見ていきましょう。

 

「Part 1 これが基本」→「Part 2 理解する」→「Part 3 深く知る」の3 Partシステム

文法の各項目を、分かりやすく・探しやすく まとめています。
文法の知識を丸暗記でなく理解することによって、基礎を構築していくための工夫があります。
英文法の「なぜそうなるのか?」について、丁寧に掘り下げて説明してくれているので、
学習の進度に合わせて無理なく理解していくことができます。

英文法を社会人になってからやり直しの方には、通読して文法事項を見直す、という使い方が
オススメです。
通読後、勉強の際にそばにおいて、文法事項で分からないところがあったときに手にとって調べることで自分の不得意な点を確認したり、不明点を解決できます。
また、大学受験を控えた高校生の方には、文法事項を確認する参考書として使うのがオススメです。
カラー印刷のページや図解で、分かりやすく見やすいレイアウトになっています。

暗唱文例集が付属している

各章で学んだ文法項目ごとに、例文が「暗唱文例集」としてまとめられており、文例集のPDFファイルと 音声のファイルをダウンロードできます。(しかも無料!!)

暗唱文例集は19ページ(例文334個)で成り立っており、
音読・口頭英作文・ライティング など多様に使用できます。
【文例集を使った学習方法】
・文例を口に出して読むことで音読の練習
・英語の文例(左ページ)と日本語の訳(右ページ)を使って 口頭で英作文する練習
・文例の右ページの日本語訳を見ながら、英作文する練習(写すことから始めてもOK)

音声ファイルは上記の文例を 3パターンで聴くことができます。
① 英語のみ
② 英語→ポーズ→日本語
③ 日本語→ポーズ→英語→英語
【音声ファイルを使った学習方法】
①を使って・・・文例集を見ながら音声の後に続けて音読(通常の音読)
・・・音声だけを聴いて、聴こえたとおりにマネする(シャドーイング)
・・・文例集を見ながら、音声に合わせて(同時に)音読する(オーバーラッピング)

②を使って・・・英文を聴き、ポーズのときに日本語を思い浮かべ、次の日本語で確認
③を使って・・・日本語を聴き、ポーズのときに英文を思い浮かべ、次の英語音声で確認し、
最後の英語音声で一緒に発音してみる

1冊でいろいろ使えて とってもお得なForest、私のオススメの文法書です。
とても人気のある英文法の参考書なので、気になった人は本屋さんで実際に手にとって
中身を確認してみてくださいね。

私はこの本を高校生の息子が教科書として持っていたことから知りました。
早速 文例集をダウンロードして口頭英作文をしたり、音声を使ってオーバーラッピングしたり
しています。
この勉強をしていて一番うれしいことは、息子と一緒に勉強できることです。
男の子ですし、もう年頃なので、母とあまりコミュニケーションをとろうとしませんが、
英語の勉強については共通の話題なので息子も照れずに母とお話してくれます。
英語を学び続けることで、いろんなコミュニケーション(年頃の息子との会話)に生かせますよ。笑

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ランキングを見る

ブログランキング参加中です。
よろしければぽちっとお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村